ファインコーヒーとは?

ファインコーヒー

 

ファインコーヒーは、血圧を下げる機能性表示食品です。血圧を下げるコーヒーは、幾つかありますが、発売当初から人気があり、血圧が高い人から支持されている定番のコーヒーです。今、お得なキャンペーン中です。

ここからは、ファインコーヒーを実際に飲んでいる方の中から、代表的な口コミをピックアップしてご紹介します。

ファインコーヒーの口コミは?

 

ファインコーヒー 口コミ

6箱飲み終えて、血圧が正常範囲まで落ちてきました。
飲み終えて、しばらく経過してますが、元の200近い数値まで上がっていくのかと思っていましたが、全く変化なしです。これは予想外でした。今まででは考えられないくらい落ちたので、続けて飲む価値は十分ありですね!

 

ファインコーヒー 口コミ

ちょうど飲み始めて、3週間目です。病院での処方もなくなり、今はファインコーヒーのみです。飲んでいる間は、130台です。ただ、先週は、仕事が忙しく、飲むのをさぼってしまったからか、また血圧が150台まで上がってきてしまいました。やはり、飲まないと上がってしまいますね。

 

ファインコーヒー 口コミ

ファインコーヒーを飲み続けてます。
プレゼントで付いてくるファインのノートに、毎日数値を書き込んでます。購入した時に、書いてあったグラフに近い形で、血圧が下がってきてます。やっぱり継続は大事なんですね。飲み忘れちゃう時もありますが、でもいい感じです♪

 

ファインコーヒー 口コミ

ファインコーヒーを飲んでから、日によって上下することはありますが、全体的にみると、徐々に下がって数値がよくなってきたと思います。飲むのを休むと、上がっているので、やっぱり効果はあると実感してます。薬で下げるのより、カラダによさそうなので、これからも続けていこうと思ってます!

 

ファインコーヒーの味は美味しい?まずい?実際に飲んでみた感想

ファインコーヒーは、通常のインスタントコーヒーのような淡泊な感じというより、少しまろやかな印象です。

 

恐らく、乳清ミネラルなどが入っているからだと思いますが、十分な美味しさです。

 

なので、まずいという印象は全くなかったです。
もしかしたら、ドトールやスタバのようなコーヒーを普段から飲んでいる方は、ドリップの味に慣れているので、インスタントの味を感じるかもしれません。

 

私も、ランチはカフェに行くことが多いので、分かります。なので、味や香りにこだわる方は、物足りなさを感じるかもしれません。
ただ、ファインコーヒーは、血圧に対する効果は全く違います。

 

カフェでコーヒーを飲んだだけだと、ほとんど血圧は変わりませんが、
ファインコーヒーは、高い血圧の私でも、数値が落ちます。

 

ですので、今では朝食時にファインコーヒーがないと、1日が始まりません。

 

ちなにみ、コーヒーは1日3、4杯飲むのが長寿の秘訣と言われていますが、1日に摂取できるカフェインの適量にも気をつけなければなりません。
カフェインの適量は、コチラにまとめていますが、だいたい体重60キロで、342mg程度。

 

レギュラーコーヒーで、カフェインは120mg程度なので、3杯で360mgでちょうどですよね。
その点、ファインコーヒーのカフェイン量は49mgと抑えられています。

 

なので、3杯のうち、1杯をファインコーヒーにすれば、余裕で1日のカフェイン摂取量も抑えられるわけです。
すごく考えられているコーヒーだと思います。

 

特に、人気のあるトクホや機能性表示食品のコーヒーは、先を読んだ成分になっているので、健康志向な方には、ピッタリであることには間違いありません。

 

ファインコーヒーを飲んだ感想や味は、コチラで口コミレビューしているので、よろしければ見ていってください。

 

ファインコーヒーの血圧を下げる効果は?

ファインコーヒーの血圧の効果ですが、多くの方が口コミしているように、効果はあります。

 

もちろん、機能性表示食品なので、効果はあることは科学的に証明されているので、嘘のない事実です。

 

ただ、効果があるため、今血圧を下げるお薬を飲んでいる場合は、お薬で血圧が下がっているのか、ファインコーヒーで下がっているのか分からなくなってしまうため、飲む場合は医師に相談してからの方が良いと思います。

 

また、クチコミを見ていて気付いたことは、2ヶ月の中で飲まない期間が続くと、やはり上がってしまう方が多いようです。
逆に、3、4ヶ月以上、飲み続けてきた人は、飲まなくても、血圧が上がらない方も結構います。

 

体質改善をしている方だと思いますが、ファインコーヒーを飲まなくても大丈夫なくらいの方も珍しくありません。

 

ちなみに、ファインコーヒーは、血圧が正常な方が飲んでも、それ以上下がることはありません。
なぜなら、機能性表示の成分GABAは、正常値の方に対しては、リラックス、ストレス解放といった別の面で働くからです。

 

その意味でも、家族で安心して飲めるコーヒーといってもいいでしょう。

 

ファインコーヒーは中性脂肪を減らす?

中性脂肪を減らすコーヒーは、市販では多いですよね。

 

トクホのコーヒーなどでも、ヘルシア無糖、ダイドーブレンド スマートブレンドブラック、サントリーBOSSなどあります。

 

ただ、成分を見ると、ヘルシアは、クロロゲン酸、ダイドーペットボトルは、難消化性デキストリン、サントリーBOSSは食物繊維と大きく変わるわけではありません。

 

ちなみに、ファインコーヒーは、これらの成分は全て含まれており、脂肪合成を抑制する成分も含まれています。そのため、市販で販売されているトクホのコーヒーよりも成分は多く含まれています。

 

ファインコーヒーの成分は?

 

 

 

ファインコーヒー全成分

難消化性デキストリン、還元麦芽糖、乳糖、コーヒー、ガルシニアエキス、γ-アミノ酪酸/生コーヒー豆抽出物、乳清ミネラル、香料、ナイアシン、V.B1、V.B2、V.B6

 

ファインコーヒーに含まれるカフェインの量は?

 

 

 

ファインコーヒーの副作用は?

 

 

 

 

 

ファインコーヒーの飲み方は?

 

 

 

ファインコーヒーの最安値は?ドラッグストア、薬局の市販販売とAmazon・楽天を徹底調査!

 

 

 

 

ファインコーヒーの実際の購入手順と注意点は、詳しく記載してます。>>ファインコーヒーの購入手順

 

ファインコーヒーの解約方法は?

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ