ヘルシア クロロゲン酸の力 コーヒー風味スティック

ヘルシア クロロゲン酸の力 コーヒー風味 スティック

 

花王のヘルシアから血圧を下げる「ヘルシア クロロゲン酸の力コーヒー風味スティック」が販売されています。

 

ヘルシアには、トクホの缶コーヒー(脂肪を低減)が有名ですが、こちらは、血圧を下げる機能性表示食品です。

 

ヘルシア クロロゲン酸の力の口コミは?

ここでは、実際に飲んでいる方の口コミをAmazonからそのまま抜粋してご紹介します。

 

高血圧に効くというコーヒースティックです。
気になるお味は  まずブラックでいただき、一口目の印象としては
「普通のインスタントだね・・・うん?!ちょっと後味が違うかも」というものでした。ほぼほぼインスタントのお味で、微妙に違うかなという程度のもので私は美味しくいただくことができました。
気に入った点は水にも溶けるという点です。これは便利です。気をつける点としては  『多量に摂取することにより、より健康が増進するものではありません』というメーカーさんの注意書きがあります。オネダンがそこそこしますのでね、無理に飲まずに1日に1本でいいみたいです。

 

 

高血圧に悩んでいるので購入してみました。香り高く、上質な粉末コーヒーでした。これなら続けられるかもしれません。

 

味はコーヒーですが、香りは「?」です。
コーヒーって、香りを楽しむ物って感じあるじゃないですか。
これは、肝心のその香りの部分が「コーヒー」の域に達してません。
味は確かにコーヒーなんですけどね。「血圧は下げなきゃいけない、でも苦い薬を飲むほどじゃない」
って場合、数ある困難な手法の中から選ぶとしたら、確かにコレもアリっちゃあアリですが、好んで毎日コレを飲み続けるかって言うと、正直微妙。まぁ機能性食品って、元々あんまりおいしくない物が多かったので、こんなもんですよと言われれば、確かにこんなもんかも知れません。
そうは言っても、マズーい!って程飲めない代物ではないので、試しにひと箱買ってみるのも悪くないと思います。あとは自分のお財布と相談して、コスパ的にどうかなって所でしょうかね。

 

コーヒーというにはパンチが無い味です。
しかし、アメリカンぽい風味で、違和感は少なめかと。ミルクを入れたらカフェオレも楽しめますし、満足のいく商品でした。

「コーヒー風味」とあるだけに、苦味がほとんどない、香りだけコーヒー風の何かとう感じです。
やや血圧が気になる年になってきたのもあり、少し続けて飲んでみようと思います。
苦味がほとんどなく、コーヒー苦手な方には良さそうな反面、コーヒー好きな方は物足りないかもです。
ミルク等を入れて飲むとさらにさらっと飲めます。コスパがやや悪いのが難点ですね。コーヒー好きな方は、ただただコーヒー飲んだほうがお財布には優しいかもです。

 

血圧はそこまで高くないのですが、食事を取ると、眠くなったり、頭が痛くなったりするので高血糖が原因かと思い、食後に飲むようにしてみました
まぁ、あまりわからないですが、多少は軽減されているのかも知れません。
コーヒー味は、コーヒーキャンディーのような甘味があって、コーヒーとして飲むには、難ありです。むしろ甘くて血圧あがりそうな感じもします。

 

ヘルシアクロロゲン酸の力の口コミまとめ

ヘルシアクロロゲン酸の口コミの共通点は、やはり価格が高いという内容が多かったです。
確かに15本で3000円近い金額です。計算すると、1本200円ですよね。

 

同じ機能性表示食品のファインコーヒーが54円なので、ざっと4倍近く違います。
特に、効果の面で、ファインコーヒーの評判が高いだけに、ちょっと苦戦ぎみなコーヒーともいえるかもしれません。

 

ヘルシア クロロゲン酸の力の味は美味しい?まずい?実際に飲んでみた感想。

正直、美味しいとは言えない味ですね。

 

インスタントにしては、カフェインの量が多いので、その分苦くなっているのかもしれません。

 

 

 

ヘルシア クロロゲン酸の力の成分からみた効果・効能は?

ヘルシア クロロゲン酸の力は、

 

 

花王のヘルシアクロロゲン酸は、機能性関与成分としてクロロゲン酸を配合しています。

 

もちろん、コーヒーには、クロロゲン酸は含まれていますが、ヘルシアクロロゲン酸の力は、通常インスタントコーヒーで100ml当たり、200mgのところを271mg含んでいるため、赤ワインに近い配合量だと分かります。

 

また、成分を見る限り、インスタントコーヒーが主成分なので、クロロゲン酸を多く含んだコーヒーといったところでしょうか。

 

ヘルシアコーヒー全成分

インスタントコーヒー、黒豆エキス(大豆含む)/香料、微粒二酸化ケイ素

 

ヘルシア クロロゲン酸の力のカフェインの量は?

ヘルシアクロロゲン酸のカフェインの量は、90mgです。

 

これは、通常のインスタントコーヒーが70mgなので、ちょっと多めです。
例えるなら、エナジードリンクのレッドブルに近いカフェイン量といえます。

 

ヘルシア レッドブル カフェイン量

 

ヘルシア クロロゲン酸の力の副作用は?

ヘルシアクロロゲン酸の力での副作用は、成分を見る限りありません。

 

ただ、カフェインの量が少し多めなので、1日にコーヒー4杯、5杯飲む方は、をカフェインの1日の摂取量を計算に入れた方が良いでしょう。
>>カフェインの量の1日の目安は、コチラに記載してます。

 

ヘルシア クロロゲン酸の力の飲み方は?

ヘルシアクロロゲン酸の飲み方は、機能性関与成分となっているクロロゲン酸の働きを上手く活用するため、飲むタイミングもあります。
(ただ、健康食品なので、薬と違い、このタイミングという指定はありません。)

 

 

 

 

クロロゲン酸は、糖分の吸収を遅くする作用を持っています。
通常、消化すると、体内の消化酵素が食べ物を分解し、糖分を吸収しようとします。

 

クロロゲン酸は、この酵素の働きを弱めてくれます。
ですので、食べ物が消化される前に飲んでおかないと、効果は、半減してしまいます。
なので、ヘルシアクロロゲン酸の力は、食前がおすすめです。


TOPへ