血糖値が高い方に人気!トクホ・保健機能食品 コーヒー

血糖値コーヒー

 

糖尿病とは?

糖尿病は、以下の1〜3いずれかと4が該当する場合、糖尿病と判断されます。

  1. 早朝空腹時血糖値 126mg/dL以上
  2. 75gOGTT2時間値 200mg/dL以上
  3. 随時血糖値 200mg/dL以上
  4. HbA1C(JDS値) 6.1%以上

※75gOGTT2時間値とは、「75g経口ブドウ糖負荷試験」です。空腹時の血糖値とブドウ糖を摂取して血糖値がどう変化するかを測定する検査のこと。

血糖値が高い人・糖尿病の方は増加傾向

血糖値が高いことで起こる糖尿病は、日本だけではなく、世界に広がっています。

 

国際糖尿病連合(IDF)の発表によると、2017年では、4憶2500万人、2045年には、7億人近くまで増加すると予測されています。

 

世界の人口は、70憶人なので、10人に1人は糖尿病という計算です。

保健機能コーヒーが選ばれる理由とは?

保健機能付きのコーヒーは、一般のコーヒーとは異なり、血糖値を下げる科学的根拠がはっきりしたコーヒーです。

 

つまり、一般のコーヒーよりも効果が期待できます。そして、何よりも、手軽さがあります。

 

普段、コーヒーを飲んでいる人であれば、その1杯を保健機能コーヒーに替えるだけです。

 

特別に新しい取り組みをしたり、食事制限をするなどの必要もありません。
ただ、コーヒーを差し替えるだけです。

 

そのため、継続しやすく、生活に浸透し易いのです。

 

生活習慣病対策は、手軽さや簡単さがとても大切です。

 

保健機能コーヒーには、それが備わっています。

 

コーヒーのランキング評価基準

血糖値を下げるコーヒーは、以下の基準で決めております。

 

1日に摂取するカフェインの量

日本では、1日当たりのカフェインの量に制限は特に、規制はありません。
ただ、海外では、安全な1日当たりのカフェインの摂取量が定められています。

 

このサイトでは、その代表的な機関であるEFSA(欧州食品安全機構)に沿って、ランキングを評価します。
一般的なカフェインの摂取量はコチラに記載しております。

 

ここでは、1日のカフェイン量を大幅に超えないため、出来る限りカフェイン量が少ないものの評価を高くしております。

継続のし易さ(価格)

継続性は、1杯当たりの価格、そして買い忘れがないよう定期便等があるかなどを評価対象としております。

 

配合されている成分の評価

血糖値を下げる成分が含まれているものを高く評価しております。

 

また、糖尿病の方の40%〜60%は、高血圧の方です。非常に深い関係があるため、血圧を下げるコーヒーも飲んでいる方のコーヒーも加えております。


血糖値 人気コーヒーランキング!

ここでは、血糖値が高い方から支持されている人気の保健機能コーヒーをご紹介します。

 

ランキング表の読み方
価格 コーヒー1杯当たりの価格
評価 価格、保健、成分の総合評価
備考 商品の価格と杯分
保健 特定保健用食品、機能性表示食品
CF 1杯当たりのカフェインの量(mg)

 

フィットライフコーヒー

フィットライフコーヒーの特徴
15年以上血糖値の高い方を救ってきた代表的なコーヒーです。既に1憶杯を超えており、今では日本人間ドック健診協会からも推薦するコーヒーでもあります。特に、糖尿病の方には人気のコーヒーでもあります。
価格
1杯 52
評価
評価5
備考
価格 3132円/60杯分
保健
特定保健用食品
CF
55mg
美味しい

ファインコーヒー

ファインコーヒーの特徴
ファインコーヒーは、高血圧の方向けのコーヒーですが、成分は、トクホコーヒーに採用されている成分がぎっしり配合されています。血圧と血糖値は、密接に関わっているため、両方気になる方は、ファインコーヒーを選ぶ方も珍しくありません。生活習慣病を予防するバランスに優れた代表的なコーヒーです。
価格
1杯 54
評価
評価4
備考
価格 3,240円/60杯分
保健
機能性表示食品
CF
49mg
美味しい

ヘルシアコーヒー 無糖ブラック

ヘルシアコーヒー無糖ブラックの特徴
ヘルシアコーヒー(花王)は、クロロゲン酸の働きを利用した脂肪を減らすコーヒーです。そのため、トクホとしてのクロロゲン酸を270mg配合しており、脂肪燃焼効果が証明されているコーヒーです。
価格
1杯 132
評価
評価2.5
備考
価格 3,959円/30杯分
保健
機能性表示食品
CF
90mg
飲めなくはない

大正製薬 ファットケア

ファットケアの特徴
ファットケアは、脂肪の吸収を抑えるコーヒーです。そのため、コーヒー豆マンノオリゴ糖を配合したトクホのコーヒーです。コーヒー豆は、ブラジル産のアラビカ種、インドネシア産のロブスタ種をブレンドした香りのよいコーヒーです。
価格
1杯 101
評価
評価2.5
備考
価格 3024円/30杯分
保健
特定保健用食品
CF
55mg
まあまあ

コーヒーは糖尿病の発症を予防する!

厚生労働省の発表(「国民健康・栄養調査」2012年)によると、
糖尿病を強く疑われる人:950万人
糖尿病の可能性のある人:1100万人(予備軍)
合計すると、2000万人近くいることが分っています。

 

コーヒーは、糖尿病の発症を予防すると言われています。

 

そこで行われた試験が、九州大学での試験です。試験内容は、以下の通りです。

 

コーヒーの血糖値作用に関する試験内容
期間 16週間
対象者 43名
年齢 40〜64歳の男性
BMI 25〜30の太り気味の方
グループ

グループ1:カフェイン入りコーヒーを毎日5杯飲む
グループ2:カフェインなしコーヒーを毎日5杯飲む
グループ3:ミネラルウォーターを毎日5杯飲む

 

試験方法は、糖尿病の正しい判定がおこなえる「75g経口ブドウ糖負荷試験」を実施。

 

その結果、コーヒーを飲み続けたグループは、2時間後の血糖値が16週前よりも10%弱低くなっていることが分ったというグラフが以下です。

コーヒーは血糖値を下げる効果

 

血糖値の点でみると、カフェインの有無に関わらず、コーヒーは、血糖値を下げることが分かります。

 

その理由の1つが、コーヒーに含まれるポリフェノール(クロロゲン酸)と考えられています。

 

コーヒーは痛風予防にもなる

糖尿病と併発しやすい病気の1つに高尿酸血症があります。

 

特に、運動不足、過食、精神的ストレス、肥満など、原因は、糖尿病とほぼ似ています。

 

そんな高尿酸血症ですが、
コーヒーは、痛風になるリスクを減らすことが、「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」に掲載されています。

 

これは、アメリカのコホート研究でも効果は確認されており、コーヒーポリフェノールなどが関与していると考えらえています。

コーヒー 尿酸値を下げる効果

 

コホート研究とは?
コホート研究は、病気にかかっていない人を大勢集め、将来にわたって長期間追跡・観察し、病気の要因と発生の関連を調べる分析疫学の手法です。

 

コーヒー以外の血糖値を上げない生活習慣

ここでは、コーヒー以外でも明日から出来る血糖値の上昇を抑える生活習慣をご紹介します。

 

ウォーキングをする

1日1万歩が理想と言われていました。
ただ、最近の研究では、1日3000歩。1分間に100歩のペースで30分歩いている人は、1万歩の人とほど検査数値が同じだそうです。

 

特におすすめなのは、食後の10分間ウォーキング。
ニュージーランドのオタゴ大学が発表した研究は以下の通り。

 

対象者 2型糖尿病の患者41名
グループ

グループ1:1日の中で時間を決めずに30分歩く。
グループ2:朝・昼・夕方の食後に10分間歩く。

結果:食後にウォーキングをおこなったグループは、時間を決めずにウォーキングをおこなったグループよりも、血糖値が12%低下する。

 

食後30分〜1時間後に10分間の運動する。

 

血糖値を上げない食べ方をする

血糖値を上げない食べ方は、以下の1⇒2⇒3の順です。

 

血糖値を上げない食べる順

1.食物繊維のある食品(野菜、海藻、きのこなど)

2.魚や肉

3.炭水化物(ご飯、麺類、パン)

 

食事は、ゆっくり良く噛む

食事は、一気に食べ終わるのではなく、1回の食事は、15分以上かける。

 

噛む回数は、1口入れたら約30回。
どうしても、次の食べ物が口の中に入ってきてしまう人は、一旦、箸をテーブルに置く。

 

これくらいやらないと、スピードは変わりません。
でも、ゆっくり噛むクセが習慣化すると、消化も良くなり血糖値以外の恩恵も十分でてきますよ。

 

朝食時に牛乳を飲む

カナだのゲルフ大学とトロント大学の研究によると、
朝食時に牛乳を飲んだ時と、水を飲んだ時では、牛乳を飲んだ方が食後の血糖値を抑えることが分った。

 

また、朝食時にタンパク質を摂取すると、セカンドミール効果が得られる。

セカンドミール効果
ファーストミール(最初の食事)の次の食後の血糖値の上昇が抑えられる効果。

 

牛乳は、カゼイン、乳清タンパク質に分れ、これらのタンパク質を取ると、炭水化物の吸収が緩やかになることが分っています。
また、乳清タンパク質を摂取すると、朝食後だけでなく、昼食後の血糖値の上昇も抑えられる。

 

機能性表示食品のファインコーヒーは、成分に乳清タンパク質も入っているので、良く考えられているのではないでしょうか。

 

糖質と脂質を一緒に摂る

例えば、てんぷらそばであれば、脂質のある先に天ぷらを先に食べる。パンであれば、オリーブオイルに付けて食べる。

 

食後の血糖値は、食べ方をちょっと工夫するだけで、上昇を抑えることもできます。

 

食後の血糖値が上がるピークに間食しない。

血糖値が上がるポイントは、食後の45分から90分の間です。

 

食後に甘いものを食べてしまうと、血糖値が下がりにくく、糖化しやすくなります。
ですので、間食する場合は、血糖値が下がって落ち着く食後から2〜3時間程度は、間隔を空けましょう。

 

食事の中でお酢を取り入れる

お酢は、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

普段の食事であれば、1日15ml(大さじ一杯)程度取るだけで変わってきます。

お酢 血糖値を下げる効果

血糖値を下げるコーヒーはコレだ!予防医学指導士が厳選記事一覧

ファインコーヒーは、血糖値を下げる特定保健用食品です。血糖値を下げるコーヒーは、幾つかありますが、15年以上前から売れており既に1憶杯を超えているベストセラーのコーヒーです。今、お得なキャンペーン中です。格安キャンペーン中!フィットライフコーヒーの口コミは?フィットライフコーヒーの口コミには、良いクチコミもあれば、悪いクチコミもあります。ただ、Amazonで購入した方の口コミをみると、星4つ以上が...

TOPへ